頚椎ヘルニア・頚椎症

辛い頸椎ヘルニアや頸椎症の痛みを改善する画期的メソッド登場!

頸椎ヘルニアと頸椎症の症状

つらい頸椎ヘルニアや、頸椎症に共通して見られる症状は、頸部の激しい痛みやしびれです。これはどちらも椎間板や頸椎の形質異常が原因で脊椎の中を通る太い神経束を圧迫しているために引き起こされる症状です。

全ての神経は脳幹から脊柱内を通って椎間板の間から体内の至る所に張り巡らされています。したがって頸椎ヘルニアや頸椎症になると身体の至る所に悪影響を及ぼす可能性が生じます。

頸椎ヘルニアや頸椎症になると、痛みのため首の可動域が狭くなり次第に筋肉が凝り固まって酷い肩こりや頭痛を引き起こしたり、圧迫された神経の影響でめまいや吐き気を覚える事もあります。

進行する頸椎ヘルニアと頸椎症

この頸椎ヘルニアや頸椎症が進行すると、非常に厄介な症状を来すようになります。
四肢の痺れが酷くなると歩けなくなったり、物を掴めなくなったります。
また、飛び出した椎間板が頸動脈を圧迫すると脳への血液の流れが悪くなり、記憶障害や言語障害などの脳機能障害や脳梗塞など深刻な病気を併発する可能性もあります。
血圧も高くなり、その結果心臓への負担が増え、動悸や息切れ、不整脈といった心臓疾患の予兆となる症状を来す場合もあります。

それだけではありません。血圧の上昇は糖尿病や動脈硬化症といった生活習慣病を招き、また眼圧が上がる事で緑内障や白内障のリスクも高まります。同時に痛みや痺れからくるイライラなどのストレスはそれ以外の不定愁訴を覚える様になり、やがてうつや不眠症といった精神疾患を招く恐れもあるのです。

頸椎ヘルニアや頸椎症は放置していて改善する病気ではありません。
むしろ日々進行していくものなのです。
日頃から首や肩の酷いこりや痛みを感じている人は痛みを改善する必要がありますね。

そんな辛い頸椎ヘルニアや頸椎症にお悩みのあなたに、
おすすめの改善法があります。


長年に渡って、からだのゆがみを研究してきた徳永接骨院の徳永英光院長が提唱する「頸椎ヘルニア・頸椎症・ストレートネック改善プログラム」がいま話題です。
1日たったの5分、特別な器具や薬物は一切使わずに手軽に実践出来るプログラムです。


Copyright (C) 2012-2015 頸椎ヘルニア・頸椎症@辛い痛みを改善する画期的メソッド All Rights Reserved.