辛い頸椎症

頸椎症とは

頸椎症は頸椎ヘルニアと混同されがちですが、臨床的には別の症状として区別されています。ヘルニアが主に脊椎同士の間でクッションの役割をしている椎間板がずれて脊椎の外に飛び出し、神経を圧迫して痛みを覚える病気なのに対し、脊椎症は脊椎という骨そのものの形状の変化や組成の変化によって神経や脊椎自身を圧迫して痛みやしびれなどの様々な症状をきたす病気です。脊椎症を部位別に分類したものを頸椎症(首)、腰椎症(腰)、胸椎症(背中)と呼んでいます。脊椎症は頸椎ヘルニアとは別の疾患ですが頸椎症と頸椎ヘルニアには深い因果関係があります。
頸椎症の医学的な所見はレントゲンやMRI、CT等の画像診断から判断されます。病態としては椎体骨(ついたいこつ)の骨棘(こっきょく)というとげ上の突起が形成されたり、椎間板の飛び出し(ヘルニア)、靭帯の石灰化等が認められ、神経や脊髄が圧迫されている事が確認されます。

頸椎症の原因

頸椎ヘルニアになる原因は多くが不明とされています。一説には交通事故や不自然な姿勢の癖がついてしまう事によるものだとされていますが、それが椎間板にずれを生じる直接的な原因という因果関係までは解明されていません。
しかし、頸椎症の場合は骨の劣化や形質異常によるものなので、加齢や外傷が主な原因と考えられています。患者数も40歳を境に男女とも発症比率が高まる傾向があります。
頸椎症になると首や肩のがんこなこりや激しい痛み、目眩、手足のしびれ、冷え性などを生じ、悪化すると物が掴めなくなったり歩けなくなるといった運動障害や発汗異常、頭蓋内の動脈が圧迫されて血流障害を起こし、脳機能障害や麻痺などの怖い症状が起こりえます。ところがこの厄介な頸椎症が1日5分のトレーングで特別な器具や薬物を使わずに自然と改善していく画期的なプログラムが紹介されて話題となっています。徳永メソッドを実践して脊椎症の痛みが日常生活に支障が出ないところまで和らいだ人の報告が多数寄せられています。




Copyright (C) 2012-2015 頸椎ヘルニア・頸椎症@辛い痛みを改善する画期的メソッド All Rights Reserved.